リザベンカプセル100mg

リザベンカプセル100mgはアレルギー性疾患治療剤です。花粉症の時期に処方されることもあるかもしれません。適応症として気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、ケロイド・肥厚性瘢痕となっています。1つ気になるところはケロイド・肥厚性瘢痕(ひこうせいはんこん)という適応症があることです。花粉症の時期に多少は処方されることはあると思いますが、このリザベンは圧倒的にケロイドに処方されているようです。また、ケロイド治療として数少ない内服薬となっています。このリザベンのケロイド修復の原理としてサイトカイン(TGF- β1)、活性酸素の産生あるいは遊離抑制作用を有し、ケロイド・肥厚性瘢痕由来線維芽細胞のコラーゲン合成を抑制するところにあります。

用法用量は通常、成人には1 回1 カプセル(トラニラストとして100mg)を1 日3 回服用します。このリザベンはドライシロップや細粒などもあり、容易に容量を調節できることは利点だと思います。しかし、アレルギー薬としては抗ヒスタミン作用がないので若干作用が弱い傾向にあると思います。花粉症として服用する場合には症状が出始める前に服用を開始し、期間中継続して服用する薬だと思います。

薬価は1カプセル57.4円となっているのでそれほど負担にはならないと思います。

人気ブログランキング薬箱の評価薬ランキング

This entry was posted on 金曜日, 2月 18th, 2011 at 10:40 PM and is filed under 医科向け ら行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*