片頭痛の診断基準と薬

* 前兆のない片頭痛( Migraine without aura )の診断基準
A . B ~ D を満たす頭痛発作が 5 回以上ある
B . 頭痛の持続時間は 4 ~ 72 時間(未治療もしくは治療が無効の場合)
C . 頭痛は以下の特徴の少なくとも 2 項目を満たす
 1 .片側性
 2 .拍動性
 3 .中等度~重度の頭痛
 4 .日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する,あるいは頭痛のために日常 的な動作を避ける
D . 頭痛発作中に少なくとも以下の 1 項目を満たす
 1 .悪心または嘔吐(あるいはその両方)
 2 .光過敏および音過敏
E . その他の疾患によらない
* 典型的前兆に片頭痛を伴うもの( Typical aura with migraine headache )
A . B ~ D を満たす頭痛発作が 2 回以上ある
B . 少なくとも以下の 1 項目を満たす前兆があるが,運動麻痺(脱力)は伴わない
 1 .陽性徴候(例えばきらきらした光・点・線)および・または陰性徴候(視覚消失)を含む完全可逆性の視覚症状
 2 .陽性徴候(チクチク感)および・または陰性徴候(感覚鈍麻)を含む完全可逆性の感覚症状
 3 .完全可逆性の失語性言語障害
C . 少なくとも以下の 2 項目を満たす
 1 .同名性の視覚症状 または片側性の感覚症状(あるいはその両方)
 2 . 少なくとも 1 つの前兆は 5 分以上かけて徐々に進展するかおよび・または異なが引き続き 5 分以上かけて進展する
 3 .それぞれの前兆の持続時間は 5 分以上 60 分以内
D . 1 . 1 「前兆のない片頭痛」の診断基準 B ~ D を満たす頭痛が,前兆の出現中もしくは前兆後 60 分以内に生じる
E . その他の疾患によらない
以上、頭痛学会より


治療薬
トリプタン系製剤
イミグラン、マクサルト、ゾーミッグ、レルパックス、アマージ
予防薬(前兆があるときか片頭痛初期)
エルゴタミン系製剤
カフェルゴット、クリアミン
基本的にエルゴタミン製剤とトリプタン製剤は禁忌のため一緒には服用できません。
Ca拮抗剤系製剤
ミグシス、テラナス
この系統の薬はトリプタン系製剤と一緒に服用可能です。

人気ブログランキング薬箱の評価薬ランキング

This entry was posted on 木曜日, 9月 9th, 2010 at 10:14 PM and is filed under 医薬品関連. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*