ロキソニンとアレジオンのOTC

11月25日に医科向け医薬品のロキソニンとアレジオンの一般医薬品製造承認が決定しま
した。アレジオン(エピナスチン)はアレルギー性の鼻炎や皮膚炎に使用される薬で今回は
鼻炎の薬として発売されるようです。ロキソニン(ロキソプロフェン水和物)はこちらでも
紹介しましたが、劇薬です。第一類医薬品になることは間違いないでしょう。


ロキソニンは以前の記事でも書きましたが、妊婦末期の方は禁忌となっています。また、
ニューキノロン系抗生剤とも若干飲み合わせが悪い場合があります。そのため、OTCとし
て販売するとなるとOTC販売の経験しかない薬剤師などは情報を入手しにくいために副作
用発現の危険性が増す可能性もあります。OTC専門でやっている薬剤師の場合には十分気
をつけた方がいいでしょう。


This entry was posted on 月曜日, 12月 7th, 2009 at 12:39 AM and is filed under 一般医薬品(OTC)全般. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*