フスコデ錠

フスコデ錠は鎮咳剤(咳どめ)ですが、クロルフェニラミンマレイン酸(抗ヒスタミン剤)
も含有しているために多少ですが鼻炎にも効果があります。薬の説明書に効能として鼻炎は
ありませんが薬の成分をきちんと理解している医師であれば多少の鼻炎と咳を伴う風邪には
フスコデの処方だけで終わることもあるようです。フスコデ錠は抗ヒスタミン剤が含まれて
いるので他の咳どめよりは副作用で眠気が強くでる場合があります。車の運転など危険を伴
う作業をする方は注意しましょう。


以前にフスコデを服用している患者さんが居眠り運転をして事故を起こし、警察から事情を
聞かれたことがありました。風邪で体調が悪い上に抗ヒスタミン剤を服用すれば強い眠気が
でることもあるでしょう。フスコデ錠は成人で1回3錠まで服用できるので調節もしやすい
薬だと思います。私も咳が止まらないときは服用したりいます。


This entry was posted on 月曜日, 10月 12th, 2009 at 10:29 PM and is filed under 医科向け は行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*