プロトピック軟膏(アトピー性皮膚炎治療薬)

プロトピック軟膏はアトピー性皮膚炎治療薬で、ステロイド外用薬等の既存療法では効果が
得られない場合に使用します。有効成分はタクロリムスでプロトピック軟膏の特徴として正
常な皮膚は分子量500以上の物質を通さない性質があります。ステロイドの分子量は約
430~520なので吸収されてしまいます。タクロリムスの分子量は約822なので正常な皮膚から
は吸収されにくくアトピー性皮膚炎が良くなってくると吸収量も減少していくという特徴が
あります。


ステロイド剤は赤みやカサカサ、かゆみに早く効きますが、長期使用で皮膚を傷める可能性
があります。プロトピック軟膏は最初は刺激感がありますが、長期使用でも皮膚を傷める心
配がありません。この点を考えるとアトピー性皮膚炎のような長期に渡り治療するような疾
患には良い薬ですね。


This entry was posted on 金曜日, 10月 30th, 2009 at 4:25 PM and is filed under 医科向け は行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*