アモバン錠7.5(睡眠障害改善剤)

アモバン錠は睡眠障害改善剤です。適応症は睡眠障害改善剤なので不眠症となります。通
常、睡眠障害改善剤は向精神薬に分類されるものが多いですが、このアモバン錠は向精神薬
には分類されていません。そのため向精神薬にある投与日数制限がありません。また、この
薬の特徴として副作用に口の中の苦味があります。頻度としては1%以上でかなり多くの患
者さんにこの副作用が現れます。私も過去に服用して苦味が1日取れなかった経験がありま
す。水を飲んでも甘いものを食べてもすべて苦味が残り気分が悪かった記憶があります。こ
れはアモバンの成分が唾液中に分泌されるためで個人差があります。


平気な人は平気のようです。ただ、苦味がでるようなら医師と相談して薬を変えてもらう方
が良いと思います。苦味のために気分が悪くなったり不快に思ってはつらいと思います。他
の規格としてアモバン錠10mgもあります。薬価は7.5mgが27.9円、10mgが33.9円でジェネリッ
ク医薬品としてはアモバンテス錠7.5薬価11.4(小林化工)・ゾピクール錠7.5薬価11.4(沢
井)・スローハイム錠7.5薬価7.6(共和)・ドパリール錠7.5薬価8.5(キョーリン)・メト
ローム錠7.5薬価8.5(辰巳)・ゾピバン錠7.5薬価9.3(長生堂)・ゾピクロン錠7.5mg「トー
ワ」薬価8.5(東和)などです。


This entry was posted on 水曜日, 12月 16th, 2009 at 2:24 PM and is filed under 医科向け あ行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*