クラバモックス小児用ドライシロップ

この薬はペニシリン系の抗生剤です。一応、複合剤ですが。基本的には中耳炎での使用が多いです。
他にも風邪なんかで処方されるケースもあると思います。
この薬はちょっと飲みづらい…。それはやたらと粉っぽいんです。まあ小麦粉みたいですね
こちらも分包する際には気をつけないと分包紙のシールの間に薬がはさまって半開きになって
しまうことも…(+_+)


基本的にこの薬は懸濁液として服用しますが、粉のまま服用しても大丈夫ということを
メーカー側から確認とっています。
懸濁液で服用でもかまわないのですが容器の問題もありますし、保存性も悪くなぜ
懸濁液なんでしょうね。こちら側としては非常に迷惑です。味はヨーグルトだったかな。
この薬はしばらく放置すると黄色っぽくなっていくので開封後の使用も多少困ります。
海外メーカーの考えることはよくわかりません。発売当初は開封するのも開けづらくて…


This entry was posted on 火曜日, 8月 18th, 2009 at 4:06 PM and is filed under 医科向け か行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*