リフレックス錠15mg

前に書いたパキシルのようなSSRIではなく、新たなにNaSSAという分類に分けられるようです。
この薬の一番の特徴はSSRIよりも効果の発現が早いことです。SSRIで効果がなかった人も
効果の期待があるようです。
作用機所としてうつ病はセロトニンという脳内物質の不足によって起こるといわれています。
パキシルなどのSSRIはこの放出されたセロトニンの再取り込み(セロトニンの減少)を阻害
する薬ですが、リフレックスはノルアドレナリン神経を活性化しノルアドレナリン(NA)
が増加します。このNAとリフレックスがセロトニン神経を活性化してセロトニンを増加さ
せます。他にも細かい機序はありますが大まかにはこんな感じです。


適応症はうつ病及びうつ状態となっていますのでパニック障害は適用外です。副作用は三環
系抗うつ薬に近く口渇や体重増加、眠気が多いようです。この薬はSSRIよりは使いやすく効
果がすぐわかるので今後、期待できる薬だと思います。一応、一番売れているらしいので…。


This entry was posted on 日曜日, 8月 30th, 2009 at 3:05 PM and is filed under 医科向け ら行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

One Response to “リフレックス錠15mg”

  1. kyo Says:

    薬価は1錠169.3円です。

Leave a Reply

*