新型インフルエンザ用ワクチンの供給

新型インフルエンザ用のワクチンの供給に関してですが、明らかに不足しています。
不足しているために、ワクチン接種できる人の優先順位が決められることになっています。
ワクチンをどのように供給するかはまだ曖昧ですが、一部の情報では新型インフルエンザ用
ワクチンの供給に関して情報がありました。


それは、国が買い上げてそれぞれの医療機関に配布するということです。
これでは、希望しても優先順位に入らない人は接種できないと思います。
それと輸入が決定したようですが、現状で流行期に入ってしまったので間に合わない!?
可能性がありますね…。とりあえず予防しましょう。
優先順位に関してもちょっと…
1、医療従事者
2、医学的に重症化する可能性がある患者
3、小児
4、成人
それで、1の上に政府関係者がくると思います。ここはあまり公表しませんね…。


This entry was posted on 火曜日, 8月 25th, 2009 at 3:31 PM and is filed under 総合. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*