デスモプレシン・スプレー10

このデスモプレシンは夜尿症治療薬です。簡単に言うと抗利尿作用により尿量を減少させる
ことで夜尿症を治療します。このデスモプレシンは点鼻薬で寝る前に使用します。そのた
め、寝る数時間前には水分の摂取を控える必要があります。それを怠ると水中毒の症状が
現れ、最悪けいれんや意識障害を起こす場合があります。この水中毒の症状はデスモプレ
シンが水分再吸収を増加させるために水分が体に蓄積してむくみ(浮腫)を起こします。
それが頭でおこるために頭痛や意識障害などの症状として現れます。
他の規格としてデスモプレシン・スプレー 2.5やデスモプレシン点鼻液協和があります。


このデスモプレシン点鼻液協和は使用方法が面倒なので要注意です。付属のチューブを
使って鼻に入れます。まず小学校低学年では使用できない可能性が高いでしょう。実際に
小学校4年生でやっと使用できていました。処方してもらうのであればデスモプレシン・
スプレー2.5協和かデスモプレシン・スプレー10協和にしてもらいましょう。


This entry was posted on 日曜日, 9月 6th, 2009 at 8:27 PM and is filed under 医科向け た行. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

*